スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HR-11 テスト焙煎 12/11

hr11-3.jpg


HR-11での初めての焙煎を頂いたクズ豆を使って2回行いました。

1回目、450g、予熱180度で17分45秒煎り止め(229℃)2ハゼの終わりでフルシティ。
1ハゼの開始までは、バーナー上端から15mmくらい炎が上に飛び出すくらいの火力で、その後はバーナー上端ちょうどくらいをキープのほぼ一定火力で焙煎してみました。

2回目、550g、今度は予熱150℃で生豆投入、19分30秒で煎り止め(229℃)2ハゼピークでシティロースト。
今回は火力を途中で色々いじってみました。まず、バーナー上端くらいでスタート、180℃で一度火力をバーナー上端から10mmくらい上に飛び出る位まで上げ、さらに1ハゼに入ってから、再びバーナー上端すれすれに落とし、煎り止め間際に10秒間最大火力をくれてみました。

とりあえずの感想ですが、
まず、微圧計が無いので火力が目分量ですが、思っていたよりも小さな火力で焙煎が進行します。
そして、本体ボディの蓄熱量が多い為か(サンプルロースターの一斗缶ボディと比べて)、温度上昇がとても安定しています。
温度計をデフォルトのものではなく、今まで使用していたものに取り替えたので(サンプルロースターの時とほぼ同じくらいの位置、ドラムの中心くらいで測定されているようです)今までの焙煎と比較したり、経験を生かすことが出来ました。

次回は本焙煎してみます。

hr11-2.jpg

hr11-1.jpg

キッチンでの設置状況です。
生活感丸出しなので、sheafさんみたくモノクロにすりゃ良かったかな?
スポンサーサイト

コメント

ふおお

うちの設置状況と似ていてびっくりしました。もしかして、使われているメタルラックはアイリス・オーヤマでしょうか?銅ポットの写真も見れて参考になります!温度上昇が安定しているのは僕も感じます。それにしても、温度計がウラヤマシイです…。

新しい焙煎機の設置おめでとうございます!
sheafさんと言い、皆さん焙煎機が本格的になってきてただただ感心しています。

安定性もありそうで、細かなデーターで再現性がありそうです。

今後の経過楽しみにしています。

おおっ、sheafさん早いです

もうコメントいただいて、ありがとうございます。
ちょっとノズルの交換に手間取ったり、設置に時間がかかったり(部屋の片付けまでしなきゃならなかった)、
でもやっとおかげさまで稼働しました!

>もしかして、使われているメタルラックはアイリス・オーヤマでしょうか?

すみません、ルミナスって書いてあります、昨日までテレビが乗っていました。

温度計は...そのうちアップで見せますが、料理用なので、ちょっと恥ずかしいですよ。
「酒かん」とか「茶わんむし」とか書いてあるんですよ、表示板に。
1ハゼは「天ぷら」です!、煎り止めは...「パン焼き」なんですよ!!
微圧計も欲しいんですけど、ちゃんとした温度計も欲しいです。
でも、ほぼ前の感覚で焙煎出来ています。(測定部長は140mmくらいでしょうか)

オトシブミさんもありがとうございます

早く機械に恥じない様な珈琲を焼きたいものです、
今は、どりっぷさんの珈琲を目標にやってみるつもりです。

>安定性もありそうで、細かなデーターで再現性がありそうです。

きちんとしたデータ取りにはやはり、sheafさんのように、微圧計の取付けは必須だと感じています。

>今後の経過楽しみにしています。

ありがとうございます、
ぼく自身楽しみです。

いよいよ始まりましたね。

やりましたね。おめでとうございます。

機械が良くなると楽になりそうですが、その分また悩みが出てくると思います。でも楽しいですよ。

HR-11、まだ実際に見ていないのでよく分かりませんが排煙の方(ご近所)は大丈夫ですか?
それから深煎りの場合あまり追っかけると着火する事も稀にありますので気を付けてください。
すみません、これからという時に水を差すような事を言うようですが私も経験した事があり気になったのでちょっと言わせて頂きました。
それにしてもみんなすごいですね?焙煎機作ろうとしたり、きっとそのうち何人かの人がコーヒー屋さんになってたりして……。



いやー。カッコいいです。うらやましい。
ポットもあってフル装備ですね。
東京旅行の収穫の大きさが伝わってきます。
顔写真の下のセリフいつ変わったんですか?
HR-11で「感動出来る珈琲」できるといいですね。

dridriさん、ありがとうございます。

>機会が良くなると楽になりそうですが、その分また悩みが出てくると思います。でも楽しいですよ。

そうですね、生意気にも「もっと色々細かく(排気とかドラムの回転とか火力など...)調整出来ればなぁ」とか思っていたりします。

仲介して頂いた方にも、「将来珈琲屋になる気なの?」と尋ねられました。
「いえ、特にそんなことまで考えていないのですが...」と答えたのですが、魅力的な仕事だな、とは思っています。
いずれにしても、一生珈琲を楽しみたい!と思います。

排気の煙については、1回の焙煎量は以前と同じくらいなので大丈夫なようです。
しかもしかもうちはモロに内環沿いしかも1階の住人は焼き鳥屋なので騒音も煙も余り気にしなくて良さそうです。

とんきちさん、いいでしょう。

>顔写真の下のセリフいつ変わったんですか?
HR-11で「感動出来る珈琲」できるといいですね。

いつだったかな?
ちょうど、東京へ行く前くらいでしょうか。

今回の東京旅行では、
カフェ・ドゥ•ワゾーで宗さんのドリップを見れたこと。
どりっぷの川中さんの珈琲に出会えたこと。
そして、このHR-11の仲介をして頂いた方との出会い。
これにつきる、と思っています。
たかだか東京-大阪間ですが、ぼくの珈琲人生にとってとても意味深い旅となりました。

とんきちさんの焙煎機も完成楽しみにしています、HR-11を参考にされたいところがおありならいつでも分解して写真撮りますので仰ってください!
ぼくもいつか自分で焙煎機作ります!
お互いに「感動出来る珈琲」つくりたいですね。

あっ、そうそうHR-11使って感じたのですが、焙煎機のボディの厚みはとても重要だと思いました、
ちなみに、HR-11はおそらく側面〜上面はt=
1.2mm、前面と後面はt=3.0mmくらいの鋼板を使用されていると思います。
ぼくは、もっと厚くてもいいんじゃないか?と思っています。全てt=3mmでもよいかも、と感じています。
それと、ボディとドラムは同じ金属を使用した方が良いのでは?とも思っています。(厚みは違っても)そのほうが熱のかかりが均等になるのでは?と思っています。
参考まで、、、

感動できる珈琲って良いですね!確かに、単に美味しいというレベルじゃなくて、アタマをガツンとやられた!というような珈琲ってありますよね。何かそのショックを何度も味わいたくて、どんどん深みにはまっていってるような気もします。できれば、自分でそういった感動できる・劇的な珈琲を再現性を持ってコンスタントに作れるレシピを見出して公開するのが夢です。

sheafさん

そうです、単に美味しい、だけでは満足出来ません。
一度だけ自分で焼いた豆でもそれを感じたように思います。
今それを飲んでもそう思わないかもしれませんが、、、

ぼくは、コンスタントでなくても、せめて、時々それが作れるようになりたい、と思っています。

(・0・。) ほほーっ

珈琲の新たな扉を開けたような感じですね~
焙煎機を持ってる人は何らかの形で(ヤフオクとか)で販売して欲しいです。
自分で消費しきれないと思いますし。

ってか、単に僕が皆さんの豆を飲んでみたいって欲望の表れかもw

ロデムさんありがとうございます。HR-11の情報色々教えて下さいね。よろしくお願いします。
今日別の人(プロの方)からもロデムさんと同じ事をアドバイスされまして、、、釜の保温が大切だと書き込みがありました。
鉄板を厚くするように、よく考えてみなければと思う次第です。

いよいよ珈琲人生第二部の幕開けですね。
もう,本焙煎ためされたのでしょうか?
遅くなりましたが,今週IDIDO注文して週末には焼こうと思ってます。
僕も来年の夏までには自作の焙煎機を作りたいと思っているので,またHR-11の良いところとかあったら教えてください(盗みますので^^;)

HR-11焙煎おめでとうございます!
どりっぷさんのような珈琲が出来た暁には是非飲ませてください。

モンクさんの豆も飲んでみたいです。
ぼくのは...まだ恥ずかしいです。
そのうち、ね。

とんきちさんみてると、この焙煎機買ったばかりなのに
やっぱり自分で作りたくなりました。
とんきちさんのパーツの購入先は、ぼくも半年くらい前に見つけたところでした、(民伝とか...)
こんなふうにお付き合いして頂く前から同じこと考えていたんだなぁ、って思うと
不思議な様な、御縁の様なそんな感じがします。

rucolaさん、そちらにも書きましたが、
IDIDOはいいですよ、特に香りが...たまりませんよ。

>僕も来年の夏までには自作の焙煎機を作りたいと思っているので,またHR-11の良いところとかあったら教えてください(盗みますので^^;)

どんどん盗んでください!井上製作所さんには気にせずに、
来年の夏頃が楽しみになりましたよ。


ナイアガラさん、ありがとうございます!

>どりっぷさんのような珈琲が出来た暁には是非飲ませてください。

ううーん、どりっぷさんのような珈琲ですか...
ナイアガラさんに飲んで頂けるのはいつになることやら...?
川中さんの珈琲は浅煎りも深煎りも現存する自家焙煎店の頂点のひとつなのではないでしょうか?

また何度か注文してみて自分の目標を確認してみたい、と思っています。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://coffeenote.blog25.fc2.com/tb.php/40-31a3681f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。