スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネル枠自作(大坊珈琲もどき)

最近は、珈琲関連のブログネタに行き詰まってしまい、困っていたところ
COFFEE JUNKIESのrucolaさんの大坊珈琲のレポートを読んで、「これだ!」とネタにさせて頂く事にしてみました。

kousaku2.jpg

まず、大坊さんのネル枠が鑢の柄に酷似している事に着目し、早速買ってきました、ちなみに東急ハンズで68円でした。

kousaku1.jpg

この柄を愛用のドリルでギュンギュンと穴のところを揉んで長穴にしてやります。
kousaku3.jpg


kousaku4.jpg

ここに、3mmのステン丸棒を適当に曲げてやったものを突っ込んで、、、

kousaku5.jpg

完成!!
neru8.jpg

neru9.jpg

こてまり珈琲のオトシブミさん作型紙2号を使用した自作ネルを張ってみました。


kingyo.jpg

金魚すくいにも応用出来そうです。
スポンサーサイト

コメント

はやっ

早速作られたんですね。すばやいなぁ。
大坊さんのネルのつくりと一緒です。
彫刻等とかで柄に模様彫ったりすると面白いかも。そんなに高くないので失敗しても痛くないし。ネル職人・・・なんか渋くないですか,新しい業種かも!?
ロデムさんも電動ドリル持っておられるのですね。焙煎機改造する人には必須アイテムなんだな~。

結構それっぽいでしょ?
大体2〜30分くらいで作れました。
値段は、柄が68円、ステン丸棒は会社にあるものなので0円でした(ないしょ)
買っても400円/m位じゃないでしょうか?

電動ドリルは、あると便利かもしれません、ぼくには仕事道具なのですが。

金魚すくうなっ。ちゅうの。
(いちおう、つっこみです)

適当に曲げた割りには。うまい!!
売り物になりますね。よくできてる。

本当、皆さん工作が上手くて憧れます…。

うお!

アイデアですね。^^
あこがれて、まねるからこそ創造が生まれる。
どこかできいたような、ハテ?

あした自転車屋でスポークもらってこっと。

Ps:もっか焙煎機製作ちう、おたくのユニオン様の焙煎ドラムのパンチングの穴径と厚さ教えてくださ~い。m(o-o)m

>とんきちさん

つっこみありがとうございます。(笑)
後日談なのですが、ステン丸棒だと思っていたら、『チタン丸棒3mm』でした。
職場の人間がまちがえてステンシャフト置き場においていたのが混ざっていたようです、ハズカシイ。

>適当に曲げた割りには。うまい!!

お褒めいただきありがとうございます。
この円は手曲げです、パイプベンダー用のガイドのコマ(φ90くらい)に巻き付けただけです。
後は適当なところでプライヤーなどで直角に折り返して柄の中に入る部分を作ってやりました。

>sheafさん

sheafさんも、簡単だからつくってみてください。そして、ネルドリップユニオンに戻ってきてください。

そういえば、風邪だいじょうぶですか?

>kazeさん
ぼくもどこかできいたような、ハテ?

スポークも鉄、ステン、チタン...とありますが常に水に触れる部分なのでステンかチタンが良いかもしれませんね。

>おたくのユニオン様の焙煎ドラムのパンチングの穴径と厚さ教えてくださ~い。
m(o-o)m


ユニオンのパンチングドラムは3mmの穴があいています。
ドラムの厚さは、、、マイクロメーターが会社に置いたままなので正確に測定出来ませんでしたが、0.5mm以上1mm以下といった感じです。(0.6 or 0.7mmくらいかな?)
ユニオンのパンチングサンプルロースターを使ってきた感想としては、
火力変化に対するドラム内の温度変化がリニアすぎるので、
ドラムはもっと厚いほうが良い気がします。
せめて1mm、出来れば2.3mmくらいの厚さが欲しいです。
それと、パンチングの穴の数も半分か1/3くらいで良い気がします。

焙煎機製作レポート楽しみにしてます、
ぼくも、計画中です。実行はいつになるか未定ですが...
ディードリッヒのサンプルロースターみたいな美しいのにしたいなぁ。

僕としたことがマイドリル持ってないですわ!
工具セットは一家に一つほすぃよね~
ボーナスで買おうっと♪
  あればの話やけど、、_| ̄|○

>火力変化に対するドラム内の温度変化がリニアすぎるので、
ドラムはもっと厚いほうが良い気がします。

僕も痛感しています。ほんとに僅かにガス調節レバーをいじっただけで温度の上昇率が全然変わってくるので、厄介ですよね…。火力一定焙煎なんて(ユニオンのロースターでは)ムリな気がしてきました。温度計を睨みながら、絶えず火力を微調整するしかないのかな…と思うようになってきつつあります。

>モンクさん

ウチもボーナスは期待出来んです。
ぼくは、旋盤、フライス、溶接機が家にあればなぁ、って思っています。

>sheafさん

>温度計を睨みながら、絶えず火力を微調整するしかないのかな…と思うようになってきつつあります。

これ、まさにぼくの焙煎スタイルです。
表示される温度はあくまで目安で、その『上昇加減を見る為』のもの、
と捉えています。イメージした温度カーブに近づけるようにこまめに火力調整しています。
その焙煎機にあった焙煎法、といったものがそれぞれの焙煎機にあるのではないのでしょうか?

>ロデムさん
早々に御回答ありがとうございます。
>sheafさん
参考になります。感謝!

勤め先が解散になりまして退職金なぞ無く、もらってきたんです旋盤、フライス、溶接機。アルゴンの100kgボンベ倉庫の奥に隠してあります。w

簡易型はマイアイデアで乗り切りまするが、本番はSUS304 5Φ×8P 2.0tにします。

Ps:熱源はリンナイ赤外線グリラーRGB-60Bがいいですよ。

いいなぁ、

うらやましい!!
そんなのもらえるんだったら、僕の会社も解散して欲しい!いや、今すぐ辞めたい!!

『旋盤、フライス、溶接機のある生活』、ぼくにとって『男の夢』ですよ、kazeさん。

もう、何でも作れますね!

溶接機はtigですか?ステンの溶接ならぼく、結構得意ですよ。
アルミはちょっとムズイですが...いちお出来ます。

いやぁ、kazeさんはぼくの欲しいものを既にほとんど持ってらっしゃるんですね。

溶接機は100VのMIG/MAG機ですう。

ガス溶接なら、生きてる水タンクでも、アルミでも…やってたんですが、電気溶接は経験がないのだ。機械はもろたけど、やり方云々知らん。w
kuuが免許もってるけど、怪しいのだな。

Migなら

ワイヤー替えたらアルミもステンレスもいけますね。

kuuさまも溶接まで出来るのですね、なんとも多才なご夫婦ですね。

なんと!
こちらの型紙を使って頂いたのですね。
嬉しいです。(^_^)

また、この型紙にピッタリな金枠も作っていて楽しく拝見しました。

さっきワゾーの宗さんのネルドリップ見てきました、
かふりつきで6回も。
感動しました、とても良い時間を過ごせました。

そういえば、僕もBD-1乗ってるんですよ。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://coffeenote.blog25.fc2.com/tb.php/33-253249e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。