スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モカ・ヤーフェ10/12

前回飲んでみて、ほったらかしにしていたヤーフェ、
焙煎後10日たったものを飲んでみた。

55gをナイスカットミル5番でグラインド、湯温88℃で480mlドリップする。
まず、チーズケーキのような香りが鼻腔をくすぐる、
口に含むと前回感じられた重い渋みが消えている、苦みは相変わらず強い。
しかし、その苦みも角が取れた感じである。
それよりも、特筆すべきはその舌触りで、まるで油を口に含んだかのような滑らかさである。

今回改めて『焙煎後の熟成』を実感できた、この『焙煎後の熟成』は特に渋み成分と舌触りに対して作用しているように思える。コーヒーのタンニン成分の一部には、赤ワインのタンニン成分同様時間を経て形状が変化するものがあるのだろう。

もう少しこの変化をみてみようと思う。
スポンサーサイト

コメント

僕もロデムさんと全く同じ箇所、「渋み成分と舌触り」の変化を感じます。渋味は角が取れて、舌触りは滑らか・まったりしてくる気がします。若い(煎って2、3日)は、質感がまだ「お湯」に近く、良く言えば爽やか、悪く言えば物足りない印象を持ってます。

そうですね、

僕は、(ちょっとエラソウな言い方をすると)この熟成された『苦み』、『渋み』を楽しむ事が『成熟した味覚を持つ』という事なのでは?というように思っています。

ワイン、珈琲、紅茶などはそういったものを味わい、楽しむものなのだと思います。(あくまで、味覚に限った意味でですが)

僕の珈琲も、味覚もまだまだなのですが...

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://coffeenote.blog25.fc2.com/tb.php/24-bd578998
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。