スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モカ・ヤーフェ焙煎10/2

ケニアを焙煎後につづいて気になっていたモカ・ヤーフェも焙煎しました。
350gの生豆をやはり180℃で焙煎スタートしました。
bean9.jpg

一度目のハゼは13分20秒後に193℃できました。
少し小さめのハゼ音で聞き取りづらいです。2ハゼは開始17分10秒後、203℃で。
さらに、210℃で煎り止め、トータル19分、2ハゼのピ-クを少し過ぎたあたりで終了です。強めのフルシティロースト、フレンチ直前といったあたりでしょうか?
bean6.jpg

写真では見えにくいですが、若干煎り斑が見受けられます。
bean8.jpg

焙煎後は280gに目減りしました。

これも焙煎3~4時間後から明らかにモカフレーバーを感じます、少し甘ったるい香りです。
これまた3日後あたりに試飲してみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

今日は

モカ・ヤーフェですか。私は。生豆の発注を行いました。今回は、ザンビア イサンヤとパプア・ニューギニア エリンバリです。私にとってははじめての豆なので、非常に楽しみにしています。

コメント有り難うございます。私もロデムさんの記事は先日ありがたく拝見させて頂きました。皆さんの情熱に負けないように頑張りますので、よろしくお願いいたします。

いらっしゃいませ

>kickさん、
お店で販売される豆の仕入れですか?
ザンビアはテラノバを飲んだことがありますが、アフリカらしさがあって好印象でした。エリンバリは未体験なのですが、良い評判をよく聞くので一度試してみたいです。

>小野さん、
ようこそ、お越しいただいてありがとうございます。
僕もこれからも焙煎を楽しんで続けていきたいと思っていますので、またコメントやアドバイスよろしくお願いします。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://coffeenote.blog25.fc2.com/tb.php/16-553ed85a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。