スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーと渋み

久しぶりのエントリーです。
いつも僕はネルでドリップしているのですが、
ここ最近、松屋式ドリップに興味を感じ、自作ネルで松屋的にドリップしています。

フレーバーコーヒーさんの動画を参考にやっているのですが、なかなか難しいもんです。
蒸らしは大体4〜5分ほどして、抽出始めはフレーバーさんの動画のように湯が「すぅー」としみ込んでくれるのですが、抽出の終わりの方でどうしても泡が少し浮いてくるのです。
動画では最後まで同じように泡立たずに湯がしみ込んでいる様なのですが...
何故だろ?挽きが細か過ぎるのか、蒸らしの湯量が十分でないのか?
それともちょっと使い古したネルが目詰まりしてきたのかな?

それはともかく、僕的な松屋式の感想です。

まず、良いところ、
確かに雑味が出ない。特に、(嫌な)渋みと(嫌な)苦みがでません。

甘み、(良い)苦み、ふわっとした香ばしさを感じます、好ましい味だけが選択して抽出されているようです。
僕の場合、4人前をつくるときに56g使って3人前抽出し、お湯で割って4人前に仕上げているのですが、思ってたほど薄い感じや水っぽい感じはしません。

それから、あえて欠点と言えるところを述べると、
まず、どの種類の豆を使っても似た様な香りに感じます。特徴のある香りが出にくいのです。
そして、コクというか、飲んだ後の余韻、『珈琲飲んだ感』が足りません。
スッと入り、ふわっと香ばしさと甘みを感じ、スッと消えるのです。
ボディが足りないというか...

やはり、僕は珈琲にはこの渋みがかなり重要なのではないか?
と今考えています、焙煎時と抽出時における渋みの種類、質、量の制御が
珈琲の質を決定する重要な要素に思えます。

松屋式にチャレンジして、僕が感じた印象です。(まだへたくそなんですが...)
これからも研究してみたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。