スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生豆について

生豆


コーヒーは生豆を焙煎して作られます、という訳でうちにも生豆があります。

コーヒーの生豆はコーヒー色ではなく薄い緑色(または、薄く茶色がかった緑色)をしています。だから生豆のことをグリーンとかグリーンビーンズとか呼んだりします。

僕はこの生豆をほとんどインターネットで購入しています。
購入先は生豆問屋や自家焙煎店などです。
スポンサーサイト

珈琲との出会い

ぼくの珈琲との出会いは10歳くらいの頃です、好き者の父親が市内のデパートで買ってきたコーヒー豆を瓶に移し替えたあとの空き袋をもらってはスーハースーハーしていたのを覚えています。
土日の朝には父親が自慢げに手回しミルでごりごり挽いてサイフォンでコーヒーを点てていました、父にとっては「食や嗜好品に凝る、」ということはどこかステータスのように感じていたようでした。(団地暮らしの貧乏家庭でしたが)

そんな影響もあってかぼくも「コーヒーは豆からいれるもの」、「インスタントはもちろん、缶コーヒーなどコーヒーじゃない」なんて生意気なことを言いながら、今では毎週自家焙煎したコーヒーをこれまた自分で縫ったネル袋を使用して毎朝珈琲を点てています。

これからこんなぼくの自家焙煎や、ドリップについての記録や珈琲に対する考えなどを綴っていきたいと思います。今まで参考にさせていただいた同じ珈琲好きの方々のサイトやブログ(プロ、アマともに)をみてぼくも「他人から有益な情報を得て消費するだけではなく、発信してみたい、」と考えたからです。

はじめに、

はじめまして、私ロデムの珈琲を中心とした事柄に関する覚書としてこのWeblogを始めます。
私的珈琲手帖というタイトルですが、珈琲以外にも雑多な事柄を綴る雑記帖といった感じで続けていきたいと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。