スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラウィ

bean33.jpg


注文していたマラウィの豆が麻袋で届きました。
麻袋といっても60kgとか70kgのデカイやつではなくって15kgの小袋です。

これは、「ゲイシャ」というエチオピアの在来種だそうで、
以前少量買ってみて気に入ったので購入してみました。

さっそく袋を開いて豆の状態を確認してみましたが、
とてもきれいな豆で、ピッキングの必要もなさそうな感じでホッとしました(僕は一応念のため全てピッキングしているのですが、、)

近々焙煎してみます。
スポンサーサイト

ニカラグア

以前クルンテープさんにサンプルを分けて頂いたニカラグアを購入しました。
二回焙煎してみた印象では、きれいで、とても状態の良い豆ながら単品のストレートで飲むには少し面白みに欠けるかなあ?
といった感じだったのですが、他の豆とブレンドしてみると
クセの無い分これもなかなか良いかナア~なんて思えてきました。
ボクのパートナーなんかは、このニカラグアを混ぜたものの方がいつもよい評価をするので、お値段も魅力ですし購入する事にしました。

購入先の話では、甘みとボディがあって、深煎り向きですよ。
という事ですので、甘みとボディを引き出せるように頑張ってみたいと思います。

生豆ついての備忘録9/29

今日現在の生豆在庫。

モカ・ヤーフェが届く

mocha-ya-fe.jpg


仕事を終えて家に帰ってみると、注文していた生豆が届いていた。
イエメンのモカ・ヤーフェだ。見たところ貝殻豆がちらほらと見える、でも自然乾燥式のイエメンモカとしては結構きれいな方かな。モカIDIDOがきれい過ぎるのだ。

ブルーマウンテンの店長さんとお話ししたがこの豆は本当におすすめのようだ、「まぁ飲んでみてよ」という店長さんの思いが電話の向こうからも伝わってくるようだった。いやがおうにも期待が高まるのである。次の休みにでも焙煎してみようか。

生豆について

生豆


コーヒーは生豆を焙煎して作られます、という訳でうちにも生豆があります。

コーヒーの生豆はコーヒー色ではなく薄い緑色(または、薄く茶色がかった緑色)をしています。だから生豆のことをグリーンとかグリーンビーンズとか呼んだりします。

僕はこの生豆をほとんどインターネットで購入しています。
購入先は生豆問屋や自家焙煎店などです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。