スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミル!ミル!ミル!

フジローヤルR-440を使用してしばらく経ちました、
このミルの刃をつぶさに観察してみると、やはりかなり摩耗しているようです。
特に、コーヒー豆が一番始めに接触するであろうと思われる回転臼と固定臼の中心に近い部分の山の頂点は他の山に比べかなり丸くなっています。
それでも挽き目自体は結構揃っているのですが、この際刃を交換してみようか?
と思案中です。
スポンサーサイト

フジローヤル R-440

r-440-2.jpg


フジローヤルのコーヒーミルR-440です。
先日オークションにて入手しました。

僕の焙煎したコーヒーを買ってくれる人が増えてきたため(主に職場の同僚です(笑))
挽いてあげる事も考えて、
「ナイスカットミルでは役不足かなー」と言う事で探していました。
本当は、マルケニッヒかディッティングなどのカットタイプのグラインダーが欲しい、
というところですが今のところちょっと手が出ません。

このR-440はカットタイプもあるという事なので、
刃を交換すればお手軽にマルケニッヒみたいに出来るかな?なんて安易に考えて
8年間使用された、というこのミルを落札しました。

送られてきたので早速分解、清掃し刃の摩耗具合などチェックしました。
刃の摩耗は形状から考えて多少摩耗したところで
あまり挽きぐあいに影響なさそうな様子です。
ただ、内部にはタール状にコーヒーの微粉がこってりと付着していたのでブラシなどを使って念入りに清掃しました。

清掃後、以前dridriさんに教わった手順でゼロ点の調整をして、
試し挽きしました。
微粉は結構多めですが、挽き目はナイスカットミルと比較しても揃っています。
挽いた豆の形状を観察すると、ナイスカットミルの場合菱形というか、
尖った形状ですが、R‐440は四角形で角があまりありません。

いつもの僕の粗さでいうと6~7番くらいがちょうど良い挽き具合のようです。
早速ドリップしてみましたが、ドリップ中の様子が違います、
同じくらいの粒度でもナイスカットと比較すると湯の通りが早いようです。
試飲した印象も違います。
他のサイトでは、「カット式はクリアな味で、グラインド式は濃い味になる」という評価を見かけましたが、

僕の印象では、

『ナイスカットミル』
輪郭のはっきりした味、アタックの強い、悪くいえば荒っぽい味

『フジ R-440』
ソフトフォーカス、舌に対してのアタックの少ないまろやかな味、悪くいえば、すべてが出きっている訳ではないぼやけた味

と言った感じです。

まだもう少しいろんな挽き具合で実験してみたいと思います。

ガスコックレバー製作

gaslever5.jpg



微圧計を取付けてから、火力の調整時元々ついていたガスコックのレバーではほんの少し
レバーを動かすだけで大きな範囲でガス圧が上下してしまい、
焙煎時のガス圧調整に手間取る事があり、
もう少し調整しやすくならないものか?と思っていたのですが、
ふと思いつきで仕事の休憩時間にレバーを作ってしまいました。
材質はステンレスで丸棒とフラットバーを穴開け加工、溶接して製作しています。

差し込む穴はちょっと特殊な研削を施したドリルで加工しています。
(旋盤工のおっちゃんに習った研ぎ方で、ローソク状の先端形状に研ぎ上げた、
ちなみに僕はドリルの研削、得意です)

このレバーに換えるとガス圧調整がかなりやり易いです。
なかなか良いものが出来た、と思っています。


gaslever6.jpg



gaslever3.jpg

これは元々のレバー、自作のものは高級感(?)もあると思います。

ナイスカットミルの刃を研いでみました

僕は普段カリタのナイスカットミルを使用していますが、
このナイスカットミルの刃を眺めてミルと結構刃にカエリが多く、
お世辞にも鋭い刃とはいえない様なものです。

そこで、刃物の研磨用のダイアモンド鑢で刃を研磨してみました。

研いでミルとナイスカットミルの刃は結構固い焼きの入った材質で、
材質としてはそこそこ良さそうです。
2枚合わせの片側を研ぎ終わると疲れてしまい片方でやめてしまいましたが、
片方で十分でしょう!

お湯でよく洗い、金気を取って豆を挽いてみました、、、
結果は、、、


ほとんど変わりはありませんでした(涙)
あまり試してミル価値のない、つまらないレポートでした。(オソマツ)

ロデム式ネルフィルター

今回は、僕流のネルフィルターの作り方をご紹介しようと思います。
ロデム式ネルフィルターです。

微圧計を取付けました

keiki2.jpg

先日三田計器さんに注文していた微圧計とバイメタル式の温度計が納品されました。
入荷の連絡を電話でいただいていたのですが、いきなり届きました。

で、早速会社帰りにソケット、チーズ、ニップルなどを買ってきてHR-11に取付けてみました。

keiki1.jpg

ネル枠自作(大坊珈琲もどき)

最近は、珈琲関連のブログネタに行き詰まってしまい、困っていたところ
COFFEE JUNKIESのrucolaさんの大坊珈琲のレポートを読んで、「これだ!」とネタにさせて頂く事にしてみました。

kousaku2.jpg

まず、大坊さんのネル枠が鑢の柄に酷似している事に着目し、早速買ってきました、ちなみに東急ハンズで68円でした。

kousaku1.jpg

この柄を愛用のドリルでギュンギュンと穴のところを揉んで長穴にしてやります。
kousaku3.jpg


kousaku4.jpg

ここに、3mmのステン丸棒を適当に曲げてやったものを突っ込んで、、、

kousaku5.jpg

完成!!
neru8.jpg

neru9.jpg

こてまり珈琲のオトシブミさん作型紙2号を使用した自作ネルを張ってみました。


kingyo.jpg

金魚すくいにも応用出来そうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。