スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/23 焙煎

今日は、また知人に依頼されたアイスコーヒー用の焙煎と、
先日dridriさんに頂いたコロンビアの焙煎をしました。

シティローストくらいであげてみたのですが、
フレッシュな軽く甘みのある香りで、良い印象です。
単一農園物ということですが、ナカナカ期待出来そうです。
試飲が楽しみ。

スポンサーサイト

6/25焙煎

久しぶりの更新になりました。

今日は「アイスコーヒー用に、、、」と依頼されたコーヒーの焙煎と
自家焙煎仲間で共同購入したコロンビアの焙煎をしました。
他にもいくつか焙煎してみました。

アイス用は久しぶりに2ハゼの終わり近くまで焙煎したのですが、
今回は、生豆の段階でプレブレンドの混合焙煎しました。
混ぜたのは、ブラジルとザンビアとタンザニアそしてエチオピアナチュラルです。

混合焙煎は何度かやっているのですが、今回のように
フレンチロースト以上まで煎る場合煎りムラなどは特に気を使わなくても良いように思います。
「1kg欲しい」という依頼でしたので、2回に分けて焙煎しました。


今日は6/25、
45年前の1961年の同じ日、同じ日曜日にエヴァンストリオがヴィレッジヴァンガードで
"Sunday At The Village Vanguard"を録音した日ですね、、
これが僅か10日後、交通事故にてこの世を去ったラファロの最後のプレイとなりました。




パプア、マラウィ焙煎 6/11

今日は、先日入手したマラウィ、パプアニューギニア、そしてニカラグアを焙煎しました。

パプアニューギニアは僕は初めての豆です。
購入先の説明では、コレはアルーシャと言う品種だそうで、
ネットで検索してみると、ティピカの変異種と言う事です。
よく乾燥した豆で、平べったくて、妙にでかいエレファント?と言うんでしょうか?
巨大な豆がチラホラ、、、
見た目はイマイチですが、焙煎してみるととても火の通りの良い、煎り易い豆でした。

コレがパプアニューギニアの生豆と煎り豆です。





これは、マラウィです。





そしてこちらはニカラグア






すべて、2爆ぜに入ってしばらくした辺り、シティの強め、フルシティ未満、くらいで煎り止めました。
パプアは笑っちゃうくらい膨らみました。

まあ、まずまずでしょうか、しばらく落ち着かせて、試飲してみます。
楽しみですね。

5/28 焙煎

先週は、焙煎をサボってしまったので、今日焙煎しました。

600g×5バッチ、計3kg焙煎です。
出来は、まずまず、といった感じでしょうか?

焙煎 5/10

今日は帰りが早かったので、平日ですが焙煎しました。
クルンテープさんに頂いたニカラグアなど3種類です。

前回の焙煎はちょっと思った様な仕上がりではなかったので
再挑戦です。

今回の仕上がりをみて購入するか決めようと思っていますが、
今回は、とても良い手応えです、やはり気温が20℃くらいまで上がってくると、
投入温度やガス圧なども微妙に調整が必要のようです、
前回はその辺でしくじったのだと考えています。

連休前の注文焙煎 4/23

今日は職場の方から「連休用に、、」と、まとまった量のコーヒーを注文してもらったのと、
珈琲仲間のクルンテープさんからいただいた(生豆のトレードで)ニカラグアのテストもかねて
いつもの週末よりもちょっと多めの焙煎。


焙煎 エチオピア・ジェマドロナチュラル 3/26

新しく入手した豆エチオピア・ジェマドロナチュラルを焙煎しました。
非水洗式のナチュラルタイプのコーヒーでモカフレバーがたっぷり、とのことで楽しみです。
ナチュラルとしてはきれいな豆ですが、生豆からは、独特の酸っぱい匂いがしています。
同じエチオピアのイルガチェフとはずいぶん違います。
初めての豆なので、深煎りと浅煎りとに煎りの深さを振ってみてこの豆の個性を見極めてみようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。